魔法の誘い文句は存在しない

どのように誘ったら女性は、
カフェや居酒屋についてきてくれるだろうか?

と、あなたは頭を悩ませていませんか?

僕自身もナンパ当初は、
面白い誘い文句などを試行錯誤し

頭を悩ませましたので、
その気持ちがわかります。

しかし、
この誘い文句(フレーズ)を言ったら
女性が必ずついてくるというものは
存在しません。

なぜなら、
女性によって笑いのツボが違いますし

女性がカフェや居酒屋へのオファーを
了承するときは、

あなたとの”心理的な距離感”
縮まっているときです。

心理的な距離感=相手と打ち解けている度合い

を意味します。

心理的な距離感が縮まっている
=相手と打ち解けている状態

です。

心理的な距離感が縮まっていない状態で
いくら面白い誘い文句を言っても、
意味はないのです。

例えば、あなたが洋服屋で服を手に取り
見ていたとします。

そこにその店の販売員がきて、

「この洋服はあなたにピッタリです!
   是非、この機会にいかがですか?」

と、いきなり売り込みをかけられたら
どう感じますか?

おそらく、
いきなりそんなこと言われても。。

と思いますよね。

そもそも、ただ見ていただけで、
その洋服を買いたいわけじゃないし。。

と、感じるかもしれませんね。

このどう思ったか?どう感じたか?
という気持ち(感情)が、ものすごく重要です。

なぜなら、ナンパでも女性との
心理的な距離感が縮まっていない状態で
カフェや居酒屋にオファーされると、

女性もこれと同じような
気持ち(感情)
になるからです。

もう1つ例え話をすると、

あなたと仲のいい同僚と嫌いな上司では
どちらに飲みに誘われたら、快く了承する
でしょうか?

おそらく、仲のいい同僚だと思います。

あたり前じゃないか!

と、思うかもしれませんが、
これがナンパになると、僕たち男性は、

早くこの子と仲よくなりたい!
早くこの子とヤリたい!

という心理になり、
焦ってカフェや居酒屋に
オファーしてしまうのです。

これが、僕たちの好みの
女性であればあるほどにです。

もし、あなたが
このような失敗をしている場合は、

あなたが悪いわけではなく、
男性の本能がそうさせているのです。

しかし、その本能のまま女性に
アプローチしていては、

いつまでたっても
女性をカフェや居酒屋へ
連れ出すことができません。

大切なのは、
僕たちの本能(男性心理)を
理解し、

そこをグッ堪えて、

自分本位のタイミングで
オファーしないようにすることです。

僕たちがやることは、
女性との心理的な距離感が
縮まっているかを把握し、

女性心理に合わせて
オファーしていくことです。

あなたと女性との心理的な距離感が縮まっていて

「お茶くらいなら付き合ってもいいかな」

という女性心理になっていれば、
誘い文句(フレーズ)は、特別面白いことを
言わなくても、あなたについてきてくれます。

もちろん、誘い文句が面白いにこしたことは
ありません。

ですが、誘い文句が面白いだけ
女性がついてくることはありません。

女性があなたの
オファーについてくるのは、

あなたとの心理的な距離感が
縮まっている状態の
ときです。

この心理的な距離感を縮める上で
面白フレーズが効果的なだけであって

この誘い文句(面白フレーズ)を言えば、
一発で女性をカフェや居酒屋に連れ出せる
ということではないのです。

とはいえ、

女性との心理的な距離感が
縮まっているかの判断は、
100%断定できるものではないです。

ここに関しては、
ナンパの経験値を積んで

感覚的に判断できるように
していく必要があります。

ある程度、
ナンパの経験値を積んでくると

ここでオファーすればいけるかな
というのが、感覚的にわかってきます。

この感覚を養うためにも、

ナンパの経験値をドラクエのレベルを
あげる感覚で、楽しみながら積みあげて
いきましょう!

もし、あなたが女性との心理的な距離感を
上手く縮めれない場合は、そのコツを伝授します。

女性との心理的な距離感を縮めるコツを知る→

最後までお読みいただき感謝します!^^

橘 勇樹