「ナンパ=悪」なのか?

10年前に比べると、
ナンパをする男性って
かなり減っているようです。

それもそうですよね。

ネットの出会いが当たり前に
なってきてますからね。

だけど、
10年前はナンパがするのが
”当たり前”だったようです。

逆にネットの出会いは、
”恥ずかしい”という風潮がありました。

ナンパってネットの出会いからすると
かなり非効率でもあります。

女性が出会いを
求めているかもわからないし、
世間一般的な女性からすると

チャラい
かるい

という印象が強いので
拒絶はハンパないです笑

だからこそ、やらない男性が
多いのが現実ですし、
やらなくなった男性が多いと思います。

ナンパという行為を人間界で見ると、
街でいきなり知らない女性に声をかける
から不自然な行為に捉えられます。

しかし、これが自然界の場合は、
オスがメスに

”求愛”(女性に好意を伝える好意)

自然にやりますよね。

求愛してメスに受け入れられないオスは
拒絶されますよね。

そう考えると、
求愛って人間界で言えば

ナンパと一緒じゃね

と僕は思うわけです笑

だからこそ、

自然界で当たり前のように
行なっている求愛=ナンパ

を遠慮せずに
やってもらいたいと思います。

そもそも、ナンパで遠慮がちな態度で
いくことは、自然界で見ると不自然ですよね。

動物が求愛をするときに
メスに対して遠慮がちな態度で
いかないですよね。

堂々とした態度で好意を伝えますよね。

だから、僕たち男性も、
堂々とナンパを
するべきなのです。

堂々とナンパをすれば、悪ではないのです。

遠慮がちな態度でナンパをしてしまうと
自然界のように女性(メス)は、

頼りないというジャッジをし、
拒絶をしてくるのは自然な流れです。

遠慮がちな態度で
ナンパをしてしまう男性は、

ナンパに対して後ろめたい気持ちが
あるからだと思います。

いきなり声をかけることは
迷惑なんじゃないか

馴れ馴れしく声をかけると
かるい男と思われるんじゃないか

という気持ちなどです。

このような気持ちをもってしまうと
「ナンパ=悪」になってしまいます。

しかし、

ナンパ=女性を楽しませるもの
=価値の高い時間を与えるもの

という気持ちがあれば、
ナンパに対して後ろめたい気持ちは
なくなります。

別に僕は、

かわいい女の子とヤリたい!

という気持ちを押さえつけろと
というわけではなく、

そこだけを考えてナンパをしてしまうと、
ナンパに対して罪悪感が湧いてしまうじゃ
ないかと思います。

かわいい女の子とヤリたい!
という気持ちも、

自分だけが気持ちよくなりたいという
気持ちだけではなく、

女性も気持ちよくさせてあげたい
という気持ちがあれば、

かわいい女の子とヤリたい!
という気持ちに後ろめたさを
感じないと思いますし、

ナンパで女性と肉体関係をもった場合でも、
その女性から感謝さたりします。

なので、もしあなたが、
ナンパに対して後ろめたい気持ちが
ある場合は、女性に対して

価値の高い時間を提供する

という気持ちで堂々とナンパしていって
もらいたいと思います。

いつも本当にありがとうございます!^^

橘 勇樹